体のリズム

こんにちは!

 

本日は、体のリズムについてお話ししたいと思います。

 

体のリズムは人本来の心地よいリズムのことを指します。

 

つまり、睡眠の時間

 

食べる時間

 

活動の時間

 

などが総合して、体が心地よいと感じる時間のことです。

 

現在は、一人一人が自由に(仕事の関係もあり)

 

寝る時間・食べる時間・活動の時間を

 

選択することができます。

 

しかし、心地よいリズムが人としては備わっています。

 

それは、人としてこの世に生まれたときからの

 

遺伝子レベルの記憶ではないかと想っています。

 

 

 

この体のリズムは3つの段階に分けることができます。

 

朝4時〜昼12時:排泄の時間

 

昼12時〜夜20時:摂取・消化の時間

 

夜20時〜朝4時:吸収・利用の時間です⭐︎

 

 

 

本日は朝4時〜昼12時までの時間についてお話いたします。

 

この時間は夜の寝ている時間に吸収した残りを排泄する時間です。

 

朝起きて、おトイレに行きたくなるのはこの理由になります。

 

なので、朝のご飯はお腹に負担をかけない軽めが理想です。

 

消化酵素がもともと含まれている果物や野菜がとても理想です⭐︎

 

朝、たくさん食べることはエネルギーになるように

 

思われがちですが、

 

体は排泄の時間なのでとても負担になります。

 

朝、たくさん食べて逆にだるくなったことはありませんか?

 

これは、体の排泄の時間に反したことなので、

 

体がついていけていない状態です。

 

朝は、消化で必要になった水分をしっかり摂取すること、

 

低血糖にならない程度に、果物や野菜を中心に食べること。

 

これをオススメいたします⭐︎