もっと楽になれる☆シリーズNo.1

日常で良くなるためにがんばっていませんか?

 

「毎日はもっと楽になれる☆」

 

はじつはたくさんあります!

 

このシリーズとして、毎日の楽になれることをご紹介していきたいと想います

初回の「もっと楽になれる☆」は女性が約月に1回訪れる生理についてお話ししたいと想います

 

生理は体の変化のみでなく

 

ホルモンの関係から心も変化すると最近では一般的になりました

 

この流れは女性の意味もなく感情が揺さぶられる不安定さに対して

 

安心をもたらしました☆

 

素晴らしいことだと想いました!

 

 

 

女性の皆様は生理の体質があると想っていませんか?

 

生理が重い、痛みがある、だるくなる、イライラする・・・などなど・・・

 

そして

 

「こういう体質だからしかたない」

 

「この周期にならないように予定を入れよう」

 

と想っていませんか?

 

 

 

私が想うのは体質はあるにしても

 

生理は変えることができると想っております☆

 

なぜなら生理の周期の変化を受け入れる心と体があればいいのです

 

これさえ叶えば

 

生理は最大のデトックスのチャンスとなると想っております

 

 

 

生理の周期の変化を受け入れる心と体?

 

???

 

生理周期の変化を受け入れる心と体→それは柔らかい筋肉の体です☆

 

つまり弾力のあるクッションのようなイメージがわかりやすいかと想います

 

柔軟性のある筋肉であると

 

生理の周期の骨盤の変化にも対応することができます

 

よって体の中はすんなりと何もストレスなく変化することができるのです

 

 

 

どうやったらその柔らかい筋肉になれるの?

 

 

 

筋肉はある部位に特定されたものではなく

 

全身の筋肉が柔軟性があることが望ましいと想っております

 

私の経験からですと

 

脳と皮膚の関係の理論や東洋医学の経絡が望ましいと考えています

 

 

 

誰かにやさしく背中を触れてもらいホッとして

 

心がほぐれた経験はありませんか?

 

これは脳と皮膚の関係の理論です

 

皮膚が優しい刺激を感じると脳は心地よいと判断し

 

リラックス神経=副交感神経を優位にします

 

すると自然に固まってしまっていた筋肉をほぐしていきます

 

 

 

また、東洋医学の経絡ではポイントと筋肉とが連結しており

 

硬くなっている筋肉のサインが出ているところを探し

 

そのポイントに触れることでエネルギーがめぐり

 

筋肉がほぐれるのです

 

 

 

セルフでは東洋医学の経絡は難しいかと想いますが

 

脳と皮膚の関係を利用する方法がよいかと想います

 

ご自身でお風呂の中や寝る前など

 

リラックスしている時間に全身をゆっくりなでるます

 

手のひらを全部使って やさしく やさしく すーっとなでます

 

押さないでくださいね

 

速度は手のひらを約5秒くらいかけてなでるくらいゆっくりが最適です

 

昔の幼い頃を思い出して頭もなでてみましょう♪

 

いつも動いている体に感謝を込めて^ ^

 

なんだか眠くなってきたら

 

とってもいい状態です☆

 

 

 

全身の筋肉が柔らかく本来のしなやかな状態になると

 

自然と心もはずんでくると想います♪

 

 

これはすべて私の経験からお伝えしています

 

私も本当に辛かったですが

 

今ではとっても楽です♪

 

皆様にもこのように楽になっていただきたいと願っております!

 

ご相談はいつでも受け付けております

 

何か聞きたいことがありましたらいつでもご相談ください!