もっと楽になれる☆シリーズVol.2

こんにちは☆

 

寒さが身にしみる時期になりましたね

 

雲のない夜は星がとっても綺麗に見えるようになりました☆

 

空気が澄んでいるんですね

 

そんな綺麗な夜空の夜・・・皆様満足に眠れていますか?

 

もっと楽になれる☆シリーズVol.2として

 

今回は睡眠についてお話ししていきたいと想います☆

 

 

 

睡眠には大きく分けて2つの悩みがあるかと想います

 

「寝つきの問題」と

 

「夜中に起きてしまって寝付けない」

 

という問題です

 

 

 

睡眠のためにいいとして

 

一般的には体が温まったところから

 

冷えたところで眠くなるので、お風呂に入ったほうがいい や

 

寝る前に強い光を見ないほうがいい(スマホなど)

 

などが安眠のために推奨されています

 

 

 

これらは科学的根拠があり、私もぜひ取り入れていただきたいと想っております

 

 

 

今回、私が睡眠をもっと楽に快眠にするためにお伝えしたいのは

 

「寝られない」ときの「気持ち」です!

 

 

 

1日が終わり、ベッドに入り、なにが変わるのか・・・

 

朝起きてから寝るまで、

 

周りの影響を受けて心身は動いてきました

 

そこから「さぁ寝よう!」とベッドに入り瞳を閉じると

 

一気に自分だけの時間になります

 

 

つまり、自分と向き合う時間になります

 

 

皆様はこの瞬間に何を想いますか?

 

また、夜中の途中で起きてしまった時に何を想っていますでしょうか?

 

 

 

眠れない方の多くは、この時間に明日の予定を考えたり

 

今日や過去の失敗や心がつらかったことなどを

 

考えている方が多いようです

 

 

 

私の想う眠れない時の過ごし方・・・

 

それは『好きなことをして過ごせばいい!』というものです☆

 

なんでもいいです!

 

なんでも好きなことをしてください!

 

 

 

普段したいと想っていたけど

 

忙しくてできていないことをする時間にしていいと想います

 

 

 

その中で、私が一番おすすめする方法があります

 

それは楽しいことを想像して過ごす☆です!

 

 

 

たとえば過去に楽しかったことを思い出してみたり

 

理想の自分を想い描いてみたり

 

将来こうなっていたいなぁという環境の想像を

 

してみてください☆

 

とっても楽しくなります^ ^

 

また、今まで見て感動した風景を想い出してみたり

 

好きな風景を想像するのもいいと想います

 

ぜひこの時間を楽しんでいただきたいと想います☆

 

 

 

いろんな楽しいがありますが

 

私がおすすめする1番の方法は

 

「”楽しかったこと”や”ありがとう”や”うれしい”ことを10個想い出してみる」

 

というものです☆

 

(それぞれでもいいです^ ^)

 

たとえば、

 

「今日行ったレストランのごはんおいしかったな〜♪」

 

「仕事で同期の友人に助けてもらったな」

 

「外は寒いけど、私は布団でぬくぬく〜♪」

 

などです☆

 

なんでも些細なことでもいいです

 

たくさん想い出せば想い出すほど

 

気がつくと顔はほっこりと^ ^になっていると想います♨︎

 

これは本当に心が落ち着きます☆

 

この気持ちを味わっているといつの間にか寝ていると想います

 

それはとっても気持ちいい楽な状態

 

=睡眠になりやすいリラックスした状態になっているからです

 

 

 

寝られないから「う〜ー・・・」となるのではなく

 

楽に夜を楽しんで過ごしていただきたいと想います☆